• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
Follow Every Rainbow
till you find your dream.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
何のために本を読むかというと、現実逃避のためかなと最近思う。
本を読むと嫌でも人間のこと考えるけど、果たしてその"人間"ってのは、自分が普段生活してる上で接してる人たちと同じ"人間"なのか。たぶん違う。

本を読んで考えた人間論を現実の生活の人間論に照らし合わせようとすればするほど、どんどん乖離していく。
家族、友達、テレビタレント、、本の世界の人たちと違いすぎて、組み立てた人間論があまり役に立たない。
前は本を読んで考えたことを自分の人生に役立てようと思ってたけど、それを目的にしてたらいつまで経っても救われないのだと気づいた。
本の世界と現実世界は違うのだと割り切った方が楽だし、読書が有意義になるのでは。
そう思ったら急に視界が開けて、読書を純粋に楽しめるようになった。

文学って現実逃避の学問なのかな。
まぁ文学っていう学問として考えるとまた読書の味も違ってくるのだけど。

少し本の話してみました。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 Follow Every Rainbow. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。