• 10 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • » 12
Follow Every Rainbow
till you find your dream.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
私には自意識過剰なところがある。
特に自分の思考や感情を言葉で表現する時。
読んだ人がどう思うかをものすごく気にしてしまう。
自分が思ってるほど、他人は自分に興味ないのにね。
もっと素直に、思ってるそのままを言葉にできたら、っていつも思う。
人目を気にせず、自分の思うままを。

でも、他人がいるから、自分がいる。
去年病気した時、周りの人たちを見失って、自分1人で生きてると思い込んでた時期があった。
あの時は今まで味わったことのない解放感と共に、絶望的な孤独感に襲われてた。
凄まじい解放感と孤独感が交互にやってきて、正常な思考回路が麻痺した。
脳の回転が止まらなくて、いくらでも言葉を紡ぎ出せた。
その時は確かに"自分の思うままを”言葉にできてたかもしれない。
だけど今思えば、自分も見失ってた。
恐ろしい状態だった。

その体験があるから、自分が今いるのは周りの人たちのお陰なんだなと、心から思える。
周りの人たちというより、その人たちの見えない視線。
その人たちが実際自分に興味を持っていようがいまいが関係なく、とにかく、見えない視線を感じることの大切さ。
それがなくなったら、自分もなくなってしまうから。

自分を保つために、ツイッターやったりブログ書いたりしてるのかもしれない。
人の目を求めて。人の目に支えられて。
だから自意識過剰はいつまで経っても相変わらずなのかな。
あまり欠点と思わないようにしよう。
スポンサーサイト
page top

コメント

管理者にだけ表示を許可する
 
Copyright © 2005 Follow Every Rainbow. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。