Follow Every Rainbow
till you find your dream.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
授業中、教室の窓から、木々の向こうに広がる夕暮れの空をじっと見ていたら、急に光が偏りだして、妙に明るい部分ができてきて、それはやがて裂け目となった。眩しくて見えにくいけれど、たしかに空が裂けている。周りを見回しても、誰も気づいていない。こんなにすぐそばに新しい世界が顔を覗かせているのに。まだ絵画にも写真にも言葉にもなっていない世界。行きたいと強く願えば、きっと行ける。でも、先生が前を向きなさいと言ったから、空を見るのをやめた。授業後、裂け目は消えていた。風に笑われた。
スポンサーサイト
page top
自由学っていう学問をつくればいいと思うんだよね

自由とはなにか、自由に追求探求するの

まぁ自由学だから、何をやろうとその人の自由です

大切なのは、その人が自由かどうか

とりあえず苦しんでたら自由じゃないからだめ

自由学はあきらめた方がいい


論文やテストに同じことを書いていても、片方は正解で片方は不正解だったりする(ちなみにフォーマットはもちろん自由)

"あーこの人は自由だけど、この人は自由じゃないな"っていう基準

真の自由学者には基準がわかるのです

そうやって自由学者たちがあれこれ自由にやってるうちに、普遍的な自由がきっと見えてくる

なんて素敵!!!!


何でも受け入れる自由学

誰でも受け入れる自由学

カオスになること間違いなし

だめだこりゃ
page top
はじまり。

一面黄色のヒマワリ畑。もぐら。満月。長い砂利道。古ぼけた水色の車。音。窓のほこり。白いワンピース。煙草。悩み。空想。馬鹿らしさ。真面目さ。自惚れ。足止め。ドワーフ。霧。

おわり。
page top
CATEGORY : 今までの。
人のふり見て我がふり直せ
DATE : 2009-07-23-Thu Comment 0
世界のほとんどのこと許せるけど、これだけはどうしても許せないと思うのは

静かにするべき授業でずっとしゃべってる人たち

ずっと

ずーっと

こそこそ

ぺちゃくちゃ

けらけら

しゃべってる

輩ども!!!



ううぅぅるぅぅせええぇぇぇぇ─────!!!!



って絶叫したくなる欲求を必死に抑えています


寝ててもいいし内職しててもいいし、ゲーム携帯マンガ、何でもいいよ 静かだもん

みんながしゃべってるならしゃべっていいよ そのうちきっと静かになるもん


問題はさ みんな静かに聞いてる時だよ

先生も穏やかに話してるんだよ

それを妨害するな!!!ということです

気が散ります 気が散りMAX

いつまでしゃべってんだお前ら!!!!幼稚園児か!!いや幼稚園児でも静かになるときゃなるわ!!

って言いたくなりますよそりゃ


先生が1回注意してもまだしゃべってるとか論外ですよね

そんなにしゃべりたいなら出ていけば?ってマジでマジマジで思う

注意としてではなく、純粋に好意的なアドバイスとして


そりゃつまんない授業あるしうるさい授業もあるけど

静かに聞きたい人が圧倒的多数を占めてる授業なんだったら、多数派に合わせろ!空気読め!どんだけ周りに迷惑かけてるか気づけ!


って

今日2限で激しく思いました


ちなみにそのうるさい2人(男女)

友達の観察によれば、男は女に気がありますヽ(´ー`)ノがんばれよ
page top
大学の図書館7階の文学書庫は大学の中でいちばんすきな場所。やっと見つけた私だけのお気に入り。本棚と本棚の間に時を超えた思念が漂っているのが見える。どんより重く垂れ込める。文字の海に溺れる。たしかな蓄積に包まれる。無知の安心感。人間であることの実感。通路の遥か先に、細く蛍光灯に照らされて見える閲覧室は、遠い遠い別世界。今いるこの世界。太陽の光だけが本物だ。
page top
Copyright © 2005 Follow Every Rainbow. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。