• 07 «
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • » 09
Follow Every Rainbow
till you find your dream.
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
page top
CATEGORY : 思考
平和ボケ(問わず語り)
DATE : 2014-04-21-Mon Comment 0
2013年は大学を卒業して、新たに別の大学の通信課程での勉強をスタートさせた。
職業は一応「学生」だけど、通信だし大したことなくて、基本はバイトばっかしてるから「フリーター」の方が自分ではしっくりくる。
そんな生活が軌道に乗ってきて、2014年も4分の1が過ぎた。

改めて2014年、とにかく、楽。
悩みらしい悩みなんて一つもない。
辛いことなんて一つもない。
あー今日もいい日だった、って思いながら眠りにつく日々。
バイトはドーナツも塾もすっかり慣れたからストレスフリーだし、レポートもたった2000字で全然難しくないし。

苦悩の10代を経て4年前ついに体調崩してどん底経験して人生リセットされて、そこからはもう這い上がるしかないと思って数年は耐えてたけど、2014年、やっと雲の上に抜けた感じがする。
というか一気に抜けすぎた気がする。

いい日、楽しい日、のんびりな日、自由な日......
これがこうも続くと、これでいいのか?と問いたくなる。
周りの人たちは大変な思いしながら暮らしているんだろうかと考えると、自分だけ「楽」を独占している気分になって、申し訳なくなる。
案外周りも楽しく生きてるのかなとも思うけど、仕事始めて実家を出て自立してる人も多いし、苦労は確実に多いはず。

今まで辛かったから今ぐらいいいだろう、と思って全力で力抜いて(ってのも変な言い方だけど)何も考えずにやりたいことだけやって生きてて、これでいいんだ!と言い聞かせてはいても、周りにどう映ってるのかなーってやっぱ気にしちゃうのが私の性質。

あれかな、信じられないのかな、こんなにもしゃくしゃく余裕な暮らしが。
ずーっと辛かったから、自分にこんな精神状態が訪れることは全く予想できなかった。
怖いぐらいに安定している。
いつかまた辛い日々が訪れるのだろうかと不安になることもない。
ずいぶん自分も変わったから、きっと大丈夫だろうと思える。

喜ばしいことだなぁ。
今はとにかく喜び噛みしめてればいいかな。

周りの人たちをひっそりと想って、できること探して、助けになるなら助けたい。
良かれと思ってやったこと言ったことが逆にマイナスになっちゃうことも私の場合は多々あるけど、どうか許してほしい。

「幸せを願ってる」とか「応援してる」とか言われても、目の前に試練が多すぎて全然響かない状態とかよく分かるから、表面サラサラ撫でるだけみたいな取り繕った言葉掛けはしたくない。
「お前はいいよな苦労ないから」って言われたらおしまいだもんな。
だからまぁ「思い出す」「考える」「想う」くらいしかできないけど、それが「大切にする」ことだと信じて、今日もあの人やこの人に感謝する。

すっっっごい楽しいことないかなーーーって思ったりもするけど、昨日と似たような平凡な1日がきっと何よりも安心なんでしょう。



今日がとても楽しいと
明日もきっと楽しくて
そんな日々が続いてく
そう思っていたあの頃

これは私の人生のテーマソングの1つ、浜崎あゆみ「SEASONS」の一節。
この「あの頃」がまさに今。
だから楽しい日々が続かないのは覚悟してる。
でも「今日がとても悲しくて明日もしも泣いていてもそんな日々もあったねと笑える日が来るだろう」もまた真実だから怖くない。大丈夫。


そんな感じ。
あんまりまとまってないけど。

スポンサーサイト
page top
時間ができたし天気もよかったし、買ってから1度も出番がなかったカメラを使ってあげようと思って散歩に出かけた。
OLYMPUS STYLUS XZ-10、お手並み拝見。


P4110023.jpg 近所の公園で。花の名前わかりません。すみません。

P4110022.jpg こちらも公園。桜が数年前に何本か切られてしまいましたが、切り株もこれはこれで味がある。

P4110019.jpg 空見上げれば。

P4110013.jpg 健気なタンポポ。ロゼット葉で冬を越す。

P4110011.jpg 葉桜のうしろでまだ頑張ってる現役。

P4110009.jpg 猫よけ?このお庭めがけて入ってく猫いましたが。

P4110007.jpg 太陽〜!!カモン光のエナジー!

P4110006.jpg 可憐という言葉はこういう時に使う。

P4110005.jpg チューリップの中に桜の花びらが1枚。


以上でございます。
なかなかいい感じ。

写真は好きだけど、一眼で頑張るほどの熱意はない。
だいたい一発勝負で納得いっちゃうし。
これくらいのが撮れれば大満足であります。

せっかく買ったから、カメラ持ち歩こうと思った。
page top
行くと何か書きたくなる。
そういう力を持ってる場所です。

今日も行ってきた。
6回目ぐらいでしょうか。
フィルムチケットはわけわからんシーンだったけど、友達がポニョの味わい深いシーンのと取り替えてくれた(*´-`)
宗介の家メインで、ちっちゃーーーくリサポニョ宗介の3人がいるやつ。
何してんのかなーってとこが気に入った。

常設展と特別展(レンズ展)は長くなりすぎるので省略しまして。。


今日イチの感動は、短編映画「たからさがし」!!
前回に引き続き観るの2回目だけど、感動が増した。
初めての時は気づかなかった感動ポイントがひとつ。
男の子とウサギがかけっこするシーンで、まず男の子が転ぶんだけど、ウサギは走り続ければ勝てるのに、「あれ?」って転んだ男の子の方に戻ってくる。
男の子がゆっくり起き上がって、ウサギと並んで、またよーいドン。
そして次はウサギが転ぶ。
男の子、「あれ?」ってウサギの様子を見に戻る。
ウサギがゆっくり起き上がって、男の子と並んで、またよーいドン。
結局引き分け。

あ~~~いいなぁ!!
転んだ友達を放っておけない心。
生まれもった人(ウサギ)の好さが滲み出ちゃってね。
優しさも引き分けだねぇ。ってね。

そして1人と1匹がおばあちゃんのたからものである杖を届けて、一緒にティータイム。
紅茶(かな?)とクッキーが相も変わらずほんとにほんとに美味しそうで。
男の子とウサギがただただ純粋に喜んで幸せそうに食べてるの見て、うるっときた。
1回目はこなかったけど、今回はうるっときた。
幸せってこういうのだよなぁ、と。
簡単に手に入るはずなんだよなぁ、と。
100%ピュアなものに触れると感動するし涙も出そうになる。
これ私の傾向。


展示をぜーんぶ見てから、カフェ麦わらぼうしで、季節のメニュー「冬の里山グラタン」と「ホットチョコレート」を堪能。
先入観取り払っても美味しいと思う。
めっちゃウマかった。


何度も言うけど、チケット代1,000円だけでこんなに満たされる場所はない。
ディズニーも満たされるけど、6,500円(だっけ?)払ってるし、と思っちゃう。笑
こんなとこでお金の話するのナンセンスかもしれないけど、ディズニーはやっぱお金出して幸せ買ってるって気分にちょっとなっちゃうけど、ジブリはそういう気に全くならなくて、心からジブリありがとう!!と感謝でいっぱいになる。
金儲けのニオイがしないの大事だな。


ってな感じで、来月にでもまた行きたい。
page top
Copyright © 2005 Follow Every Rainbow. all rights reserved.

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。